学習障害は、誰にでもある。

学習障害(難読)の克服には、音読

子どもが勉強できない。これってもしかして学習障害かも?! でも学習障害って異常じゃないよ。音読で解決しよう!

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★不登校・引きこもりはこうやって直せ!「伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD」

学習障害(難読)の克服には、音読

学習障害の克服には、現在のところ音読(おんどく)しかない。

 

音読とは印刷物などを声に出して読むと言うことである。

 

これを毎日根気よく続けることである。

 

一番いいのは毎日、新聞や雑誌を声を出して読むことである。

 

これはボケ防止などによく使われる方法である。

 

難読とは文字は見えるが、意味が理解できないと言う場合が多いわけだが、文字を音に変換できないのが原因であるとされる。

 

だから文字と音をつなぐトレーニングが有効なのは当然だ。

 

ただし小学生の場合、新聞を読むこと自体難しいので、漢字に全部ルビが振ってある教材を探さねばならない。

 

漢字にルビが振ってあるというモノを身近で探すとなると、マンガと学習雑誌ということになる。

 

これにはほとんどルビ(よみがな)が振ってある。

 

小学生用の国語辞典や漢字辞典、図鑑などもルビがふってあるから、これを声に出して読む

 

小学生の時は無理だったとしても諦める必要はない。

 

というのも脳の発達が遅れているだけの場合も多く、中学生の年齢になったら、小学生向けの本などを読む練習をさせれば良い。

 


スポンサードリンク

まんが、小学生新聞の音読

全国紙では毎日新聞と朝日新聞から小学生新聞が出ている。

 

月二千円弱だ。

 

中学受験の時事問題対策に、これを取っている家も多い。

 

小学生新聞は小学校3年生から読める新聞で、広告以外はほとんどの漢字にふりがながふってある。

 

これを毎朝すこしでも音読させる。

 

わからない言葉が出てきたら辞書で調べさせる。

 

新聞が面倒ならマンガでもいい。

 

マンガの場合は必ず絵があるので、言葉の意味を調べなくても分かる場合がある。

 

また任天堂DSからは読みトレというソフトも出ている

 

こちらは小学校3〜4年生レベル。

 


「うっかり」をなくそう! 文章読みトレーニング 読みトレ

とにかく文字と音声を結びつけるトレーニングを根気よくやることだろう。

 

週に2〜3度でも、6週間くらいやればだいぶん違うはず。

 

(私の経験上)NEXT:英語学習はローマ字の読み書きから

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加