アスペルガー症候群 できる子の自閉症

アスペルガー症候群 できる子の自閉症

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★不登校・引きこもりはこうやって直せ!「伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD」

頭の良い自閉症? アスペルガー症候群

アスペルガー症候群とは、自閉症の1つの形である

 

自閉症が何かというと、他人のことがわからない状態だ

 

質問されても答えられない、クルクル回るモノに目が釘付けになってしまう、そこまでハッキリした状態なら、これはもう自分ではどうにもならない。

 

発達障害として、何らかのトレーニングを施さないといけない。

 

一方、知的障害はないモノの、他人とのコミュニケーションができない人もいる。

 

これがアスペルガー症候群というタイプの自閉症である。

 

自閉症でない人間の場合、他者の仕草や雰囲気から多くの情報を集めて、相手の感情や認知の状態を読み取る。

 

ところが自閉症の人間にはこういう能力が欠けていて、心を読むことができない。

 

他人の仕草や状況、雰囲気から気持ちを読み取れなくて、他人が何かをしていること自体はわかるのだが、それが何を意味しているのかが分からない。

 

表情だとかボディランゲージなどという、ノン・バーバルコミュニケーション(言葉を使わないコミュニケーション)を理解することができないわけだ。

 


スポンサードリンク

他人の動作はわかるが意図はわからない

だからアスペルガー症候群のけがある人は、行間を読むことということが、とても苦手だ。

 

人が口に出して言葉で言わなければ、意図していることが何なのかを理解できない。

 

もちろんこの症状にも人によって濃淡がある。

 

たとえば一般的には、表情や他人の意図を読み取ることに関しては不自由がないが、アイコンタクトだけができない人もいる。

 

アイコンタクトで何か行動させようとしても、それが伝わらない。

 

「アイツ一体さっきから何見てるんだろう?」…なんて考えたりする。

 

その一方でじっと他人の目を見つめてしまうようなタイプもある。

 

これはその人なりに相手の表情などから、行間を読もうと努力しているのだと理解できる。

 

ただしいくら見つめたとしても、意図することが理解できないので、もうまく行かない。

 

頭は良いが他人の気持ちがわからないというのは、アスペルガー症候群かもしれない。

 

こういうことだと、女の子にはモテないから困ってしまう。

 

行動や素振りで理解しろと言われても、わからないものはわからないんだしねえ。

 


勉強やスポーツ、芸事などはできるが、冷たい。

自閉症の気がある人は、特定の分野に異常なほどの執着を見せることが多いようだ。

 

たとえば、自分以外のモノが、予定通りに行動しないと怒り狂う人。

 

5分と言ったら、5分1秒でもなく、4分59秒でもなく、5分ちょうどでないと、気が済まない人。

 

本の並べ方や、モノの置き方も、自分の気に入った順序や位置に置かれてないと、激しく怒る人。

 

こういう執着心が、学問や芸術に向かうと、かなりの成果につながる。

 

だから、知的障害を伴わないアスペルガー症候群の人は、子どもの頃から良い評価をもらうことができて、それなりに誇りを持って生きることができる。

 

ただし、他人と呼応することができないので、友だちづきあいや仲間づきあいには、非常に苦手意識を持っている。

 

この辺が、「できるヤツだが、冷たいヤツ」という評価になったりする。

 

識字障害のところでも書いたけれど、できすぎるというのも実は障害なのだ。

 

NEXT:【動画】熊本の男の子・高機能自閉症例

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加